【完全解説】Indeed(インディード)とは?|仕組みから求人掲載方法、採用効果UPのコツまで COLUMN

公開日:2019.05.09

更新日:2020.07.28

【完全解説】Indeed(インディード)とは?|仕組みから求人掲載方法、採用効果UPのコツまで

もうすっかり採用手法として定着したIndeed。
しかし、まだまだIndeedを初めて利用する採用担当の方も少なくありません。

そこで改めて、Indeedについてイチからやさしく解説する記事を作成してみました。
ネット広告などに詳しくない方でも理解できるように、丁寧に解説しています。

これからIndeedを検討する方はもちろん、Indeedについて学びなおしたい方も、ぜひご覧ください。

無料で使える求人管理システム(Indeed、求人ボックス、スタンバイ、Googleしごと検索に対応)

自社でIndeed求人を作成する際のお役立ち資料

Webでの採用に必須の考え方「採用ブランディング」に関する資料です

目次

Indeedとは?

Indeedはアメリカ創業の企業「Indeed, Inc」の提供する求人サービスです。
2012年にリクルートが買収したことを転機として日本でも利用者が拡大し、いまでは月間の利用者数が約3000万人という日本最大級の求人サービスに成長しました。

ちなみに、Indeedという社名・サービス名には「まさに自分が探している求人と出会える場所」という意味が込められているそうです。「まさに」の部分が英語のIndeedにあたる部分になります。

Indeedはどんな求人メディアか

Indeedは一言で説明すると「求人専門の検索エンジン」です。
求人情報だけにしぼって検索できるGoogle検索をイメージしてみてください。

Indeed検索画面

見た目もGoogle検索に似てシンプルです。
検索窓に「職種などのキーワード×勤務地」の組み合わせを入力して検索することで、ネット上のあらゆる求人のなかから、求職者の希望条件にあう求人を検索することができます。

Indeedが急速に広まった理由

Indeedの月間ユーザー数は約3000万人。
ここまで利用が拡大した背景には、Indeedの他にはない利便性があります。
Indeedがなぜ便利なのか、その理由を分かりやすく図にしてみました。

あらゆる求人情報がIndeedに集約されている

ご覧のように、Indeedはインターネット上にある、あらゆる求人情報を拾い集めてくる仕組みになっています。

世の中には、タウンワークにだけ載っている求人もあれば、ハローワークにだけ載っている求人情報もあります。
しかし、転職する求職者からすれば、どこのサイトに載っているかは問題ではなく、自分の希望にマッチする仕事が見つかればそれで良いわけです。

Indeedを使えば世の中にあるあらゆる求人を、1回の検索で網羅的に検索できるため、求職者にとっての利便性が非常に高いのです。

企業がIndeedを使うメリットは大きく3つ

企業が既存の求人手法ではなく、あえてIndeedを使うメリットは以下の3点です。

メリット① 3000万人以上の圧倒的なユーザー数

いきなり3000万人と言われても凄さがピンとこないかもしれませんね。
たとえば、同じくリクルートが運営する日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」の月間ユーザー数は800~900万人(推定)。全国のハローワークの利用者数が月間で500万人ほどです。

このように既存の求人サービスと比較してみると、Indeedの月間約3000万人というユーザー数がいかに多いかをご実感いただけると思います。

メリット② 地方の採用にも強い

一般的に、リクナビNEXTやマイナビ転職のような求人サイトは、都市部の採用に強く地方の採用に弱い傾向があります。広告枠の営業エリアやユーザー獲得のプロモーションが都市部に偏っているためです。

一方、Indeedは「キーワード×勤務地」と勤務地に力点を置いた検索導線になっていることもあり、一般の求人サイトに比べて、地方の採用でもマッチング率は高くなります。

メリット③ 無料で求人を掲載できる

掲載方法など詳細については次の項目で説明しますが、企業は、Indeedに登録したその日から求人を自由に掲載できます。
しかも掲載費用は無料です。

Indeedに求人を掲載する方法(無料で利用する場合)

Indeedに求人を掲載するには2通りの方法があります。
一つ目が全ての企業で利用が可能な方法で、「直接投稿」と言われる方法です。
二つ目が自社のホームページの求人情報をIndeedに読み込ませる「クローリング」と言われる方法です。こちらは利用に条件があります。

以下で順番に説明していきます。

方法① 直接投稿の方法

Indeedへの求人掲載方法

初めにIndeedはインターネット上にある求人を、機械が自動で収集してくる求人検索エンジンだとご説明しました。

実はIndeedには、企業が求人情報をIndeed上に直接投稿できる機能もあります。それが「直接投稿」と言われる掲載の方法です。
やり方はとても簡単で、こちらのIndeedのサイトから指示通りに入力を進めるだけでOKです。

【関連情報】
掲載方法について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください
Indeedに求人を無料掲載する方法と、無料・有料の効果差について解説。

 

求人情報を作成するときにコピペで使えるフォーマットデータ
Indeed用 求人フォーマット


<参考>
直接投稿の求人情報は、以下のような表示のされ方をします。

Indeed:求人情報の表示のされ方

方法② ホームページの求人情報を、Indeedに読み込ませる

自社ホームページの求人情報をIndeedのシステムに読み取ってもらう(クローリングしてもらう)方法です。

クローリングされるためには条件があり、条件を満たしている場合、すでにIndeedに求人が掲載されている可能性もあります。まだであれば、企業側からIndeed社にクローリング依頼をかけることもできます。

Indeedのクローリング条件 一覧

※Indeedサイトより引用

  • 求人情報はHTML形式でなければなりません。(PDFやWordドキュメントは不適格です)

  • 求人情報には応募方法が含まれていなければなりません。
  • 完全な仕事内容の詳細、勤務地、会社情報が記載されていなければなりません。
  • 各求人ごとに異なるURLが指定されていなければなりません。
  • 求人情報は他の情報元(求人サイトや配信サービスなど)からの転載であってはなりません。
  • 仕事内容の詳細を見るためにユーザーに登録を要求してはなりません。
  • 求人に応募するためのユーザーに対する課金があってはなりません。
  • 在宅勤務の求人情報を含んでいてはなりません

【関連情報】
自社のホームページを使ってIndeedに掲載したい場合は、こちらのクローリングについて解説した記事もご覧ください

Indeedに自社サイトをクローリングさせる方法。

 

<参考>
クローリング型の求人情報は、以下のような表示のされ方をします。

Indeed:クローリング掲載の場合の求人表示のされ方

Indeedの応募効果を高める方法|スポンサー求人について

Indeedには無料で求人掲載できますが、より応募効果を高められる有料のスポンサー求人枠もあります。

スポンサー求人は、ユーザーから目立つ位置に求人情報を表示させられる機能で、無料掲載よりも圧倒的に速く応募を集められるのが特徴です。職種にもよりますが、無料掲載の4倍程度の応募効果が得られるとも言われています。

<参考>スポンサー求人の表示イメージ
検索結果一覧の上部と下部の、ユーザーが目を止めやすい位置にスポンサー求人が表示される仕組みになっています。

Indeedの無料とスポンサー求人の違い

スポンサー求人の費用・掲載期間について

スポンサー求人は「クリック課金」という方式で支払いが発生する商品です。
一般的な求人広告は、最初に一括で掲載料を支払い、決められた期間、求人広告が掲載されます。

対して、Indeedは掲載期間が決まっていません。掲載料金もいくつかあるプランのなかから選ぶのではなく、使いたい金額を1円単位で自由に設定できます。支払いは掲載した求人が1回閲覧されるごとに(1クリックごとに)、事前に設定した料金の範囲内で支払いが発生します。

<参考>Indeedと求人広告にかかる費用の違いについて

Indeedと求人広告にかかる費用の違いについて

スポンサー求人の使い方

スポンサー求人の使い方は簡単です。
2~3分もあれば設定できるはずです。

簡単とは言え、お金を支払うことですので、迷わなくて良いように以下で補足させていただきます。

スポンサー求人の設定方法

スポンサー求人の設定方法

掲載中の求人一覧画面を開いて「スポンサー求人(有料)を使って露出度を上げる」をクリックすると、予算設定の画面が開きます。

そこで広告予算を設定すればすぐにスポンサー求人の掲載がスタートできます。

※初めて利用する際には、予算設定のほかに、お支払い方法について入力する必要があります。

求人広告予算と上限クリック単価の決め方

indeed クリック単価の設定画面

求人予算には採用全体に使用できる金額(予算)を入力します。
求人予算は会社の事情により決まっていると思いますので、その額をご入力いただければ大丈夫です。

重要なのはクリック単価の設定です。

最大で1クリックあたり1000円まで上限設定できますが、一般的には50円~250円が相場となります。最初は相場より低めの額を設定し、効果を見ながら徐々に金額を上げていく方法だと失敗しにくいためお勧めです。

目安としては100~200クリックしてもらえれば1件の応募が獲得できることが多く、うまくいけば1~2万円で採用を決めることも可能です。
このように費用対効果が非常に高いのもIndeedの魅力になります。

ちなみに上限クリック単価は、機械任せにする「自動調節」機能も利用可能です。運用初心者の方にはお勧めの機能です。

以下のように、課金後に編集できるようになるキャンペーン管理画面にて、掲載求人すべてをバランスよく閲覧してもらいたい場合は、「クリックバランス」を。
クリック単価の効率を追求したい(採用単価を下げたい)場合は、バランス調整なしを選択してください。

indeed クリックバランス バランス調整なし の切り替え

便利な自動運用機能ですが、一点ご注意いただきたいのは、自動運用で最適化してくれるのは、あくまでもクリック単価の数値調整だけだということ。

パフォーマンスを測るには、応募率・内定率・人材の質まで含めた定性評価も必要です。「最初に設定して、後はほったらかし」というわけにはいきませんので、その点だけ留意ください。

【関連情報】

Indeedの効果を改善するための方法をまとめた資料はこちら
Indeed運用 効果アップの打ち手⑦

 

Indeedを自社運用するか、代理店に依頼するかの判断基準について

Indeed運用は「自社運用? 代理店に依頼?」判断するためのチェックリスト。運用方法・コツも解説。

Indeedの無料で使えるオプション機能について

Indeedには企業の採用をサポートする、無料で使えるオプション機能がついています。
必ずしも活用する必要はないのですが、上手く使えば採用成功の確率を高められるのでぜひ活用してみてください。

「企業ページ」作成機能について

こちらはIndeed上に企業の紹介ページを作成することができる機能です。
例として、Indeed社の企業ページをご紹介します。

「企業ページ」作成機能について

メッセージだけでなく、写真や動画も使って求職者に自社をアピールできます。ブログ感覚で作成できるので、Webサイトの知識がない方でも簡単に作成が可能です。

情報をしっかり作り込めば、上記のIndeed社のページのように、採用ホームページに負けないくらいのメッセージを発信することもできるオプション機能です。

直接投稿の求人情報には写真を添付できないため、直接投稿で求人募集する際には、企業ページが、求職者に写真を見せることのできる唯一の場となります。

※(重要)直接投稿の求人にも写真掲載が可能になりました。
下記でご紹介している「オリジナル採用ページ」に設定した画像(最大5枚)がスライド形式で、直接投稿の求人詳細に表示されます(スマホで閲覧の場合)。
詳細はオリジナル採用ページの項目をご覧ください。

<参考>企業ページ編集画面の開き方
企業ページ編集画面の開き方

↑に手順を示した画像を掲載していますが、そもそも画像のような画面が出てこないという方もいらっしゃると思います。

<企業ページを編集できない場合の対処法>
●無料の直接投稿でIndeedに掲載している方→Indeed社にお問い合わせください
●クローリングでIndeedに無料掲載している方→Indeed社か担当営業にお問い合わせください
●有料掲載している方→担当営業にお問い合わせください。

申請すれば、企業ページが利用できるようになります。

また、作成したコンテンツは、求人一覧画面の「レビュー」から「企業の魅力」の順にページを経ることで閲覧できます。
分かりづらいので、閲覧手順も画像で紹介しておきます。
Indeed:企業ページ閲覧方法

<参考>
企業ページの効果的な活用方法について解説した記事です。
Indeedの採用効果を飛躍的に高める「企業ページプレミアム」とは?

「オリジナル採用ページ」作成機能について

オリジナル採用ページは、直接投稿でIndeedを利用している企業のみが使える機能になります。
一言で説明すると、簡易の採用ホームページのようなものを作れる機能です。

採用専用のサイトをもっていない企業が、自社のホームページからオリジナル採用ページにリンクを貼る、というのが一般的な使い方になります。

また、オリジナル採用ページに設定した画像(最大5枚)は、直接投稿の求人部分にも表示されるため(スマホで閲覧の場合)、応募効果を高めるためにも、できる限り設定しておくことをお勧めいたします。

<参考>オリジナル採用ページは、こんな使い方をします

数枚の写真とテキストを公開できるだけの簡素な作りですが、採用ページや採用サイトがない企業にとってはありがたい機能だと思います。
ページ下部には、現在Indeedで募集中の求人一覧が表示される形式となっています。

<参考>オリジナル採用ページを編集する方法
Indeed:オリジナル採用ページを編集する方法

Indeedの初心者向け無料セミナーを開催中

株式会社クイックでは、Indeedをこれから始める・もう少し詳しく知りたい、という方向けに無料のIndeed活用セミナーを開催しています。

もしご興味持たれましたら、下記より詳細をご覧いただきご予約ください。
みなさまのご参加をお待ちしています。

自社でIndeed求人を作成する際のお役立ち資料

Indeed運用ノウハウについて、現役コンサルタントが徹底解説!

Webでの採用に必須の考え方「採用ブランディング」に関する資料です

編集・執筆/中森規仁

コピーライター、求人媒体の管理・運用職を経て、2011年クイックに入社。ディレクター・プランナーとして、求人広告や採用企画(採用プランニング・採用ツールのご提案)、Indeedなどの広告運用に携わっています。2018年より本メディアの編集・執筆も兼任。

あわせて読みたい

Indeedの採用効果を飛躍的に高める「企業ページプレミアム」とは?

Indeedの採用効果を飛躍的に高める「企業ページプレミアム」とは?

Indeedの掲載料金、クリック単価、代理店に頼んだ場合の費用など解説。

Indeedの掲載料金、クリック単価、代理店に頼んだ場合の費用など解説。

【最新版】Indeed代理店の比較・メリット。費用を最も安く掲載するには?

【最新版】Indeed代理店の比較・メリット。費用を最も安く掲載するには?

Indeedに求人を無料掲載する方法と、無料・有料の効果差

Indeedに求人を無料掲載する方法と、無料・有料の効果差

Indeedに自社サイトをクローリングさせる方法

Indeedに自社サイトをクローリングさせる方法

Indeedで検索上位に表示される仕組みを解説。

Indeedで検索上位に表示される仕組みを解説。

Indeed運用は「自社運用? 代理店に依頼?」判断するためのチェックリスト。運用方法・コツも解説。

Indeed運用は「自社運用? 代理店に依頼?」判断するためのチェックリスト。運用方法・コツも解説。

オウンドメディア リクルーティングとは? メリット、導入手順、コンテンツ事例まで易しく解説。

オウンドメディア リクルーティングとは? メリット、導入手順、コンテンツ事例まで易しく解説。

最新版|ハローワークに求人掲載する方法。オンラインでの掲載手続きも可能に。

最新版|ハローワークに求人掲載する方法。オンラインでの掲載手続きも可能に。

アルバイト・パート採用

アルバイトが人手不足となる原因と対策|人手不足が深刻な業界は?

アルバイトが人手不足となる原因と対策|人手不足が深刻な業界は?

無料で求人掲載できる、おすすめ求人サイトと効果的な活用法

無料で求人掲載できる、おすすめ求人サイトと効果的な活用法

Indeedの掲載料金、クリック単価、代理店に頼んだ場合の費用など解説。

Indeedの掲載料金、クリック単価、代理店に頼んだ場合の費用など解説。

注目記事

2021新卒採用の傾向と対策|コロナウイルスの影響、学生動向は

採用戦略

2021新卒採用の傾向と対策|コロナウイルスの影響、学生動向は

コロナ禍での完全オンライン採用が大成功。採用活動のフローと成功ポイントを人事担当者に聞きました。

事例紹介

コロナ禍での完全オンライン採用が大成功。採用活動のフローと成功ポイントを人事担当者に聞きました。

面接や説明会で、学生(求職者)を惹きつけるトークができない場合の対処法。

採用選考

面接や説明会で、学生(求職者)を惹きつけるトークができない場合の対処法。

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

採用戦略

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

新卒採用の調査資料「就職白書2020」を分かりやすく解説しました。

採用戦略

新卒採用の調査資料「就職白書2020」を分かりやすく解説しました。