人事向け資格8選|スキルアップに役立つ資格とは【ランキング】 COLUMN

人事向け資格8選|スキルアップに役立つ資格とは【ランキング】

仕事の幅を広げ、スキルアップしたいという思いから、資格を取ろうと考えている人事の方は多いのではないでしょうか。

資格を選ぶ上で注意したいのが、資格によって役立てられる業務内容が異なるということです。現在の業務に直結するものもあれば、難易度が高くすぐに実務に役立つとは限らない資格もあるため、状況に合わせて選ぶことが大切です。

本記事を参考に、あなたにとって必要な資格を選んでみてください。

※試験内容や受験料は変更になる可能性がありますので、受験の際は最新情報を確認してください。

目次

人事のスペシャリストになりたいなら

人事企画、人材採用、教育・育成、制度・環境の整備といった人事の仕事の質をさらに高めたい方に向けて、資格を6つ紹介します。

人事総務検定

人事総務検定は、人事総務の実務をするにあたって理解しておくべき法律知識を体系的に、実践で使えるレベルまで学べます。また、人事総務に関する知識を総合的に習得できるので、人事業務の質の底上げが期待できます。

試験概要 一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催し、株式会社東京リーガルマインド(LEC)が指定講習実施団体として実施している試験です。試験は、1級(課長レベル)・2級(主任レベル)・3級(担当者レベル)の3種類あります。
※2級・3級は試験に代えて特別認定講習を修了することでも取得できます。
試験内容 1級:労働保険料の更新や就業規則などの問題が出題されます。
2級・3級:年金(給付)、労働基準法、労働安全衛生法など、人事総務が必要になる法律・知識に関する問題が出題されます。
合格率
受験料 1級:11,000円
2級:7,640円
3級:5,090円
実施時期 年2回(3月、10月ごろ)
受験資格 1級の受験者は2級に、2級の受験者は3級にそれぞれ合格しており、かつ人事総務スキルアップ検定協会への登録が有効期間中である必要があります。
3級は制限がなく、誰でも受験することが可能です。
公式サイト http://www.lec-jp.com/jinjisoumu/

キャリアコンサルタント試験

2016年から国家資格になっているキャリアコンサルタント。キャリアプランに悩んでいる社員に的確なアドバイスや指導を行う力を養うことができるので、人材採用や人材教育を行うときに役立ちます。名称が似ている資格に「コンサルタント技能士」がありますが、こちらのキャリアコンサルタントとは別の資格です。

試験概要 職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づいて、厚生労働大臣の登録を受けた登録試験機関が実施する国家資格試験。学科・実技試験に合格し、名簿に登録することでキャリアコンサルタントになることが可能。ただ資格を取ったとしても、最新の知識・技能をブラッシュアップするために5年ごとに更新する必要があります。
試験内容 職業能力開発推進法やキャリアコンサルティングの実務などの問題が出題されます。出題形式は筆記試験・論述試験・面接試験(ロールプレイング・口頭試問)の3種類があります。
合格率 60.3%(2019年)
受験料 38,800円(学科8,900円、実技29,900円)
実施時期 年3回(3月、6月、11月ごろ)
受験資格 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した人、技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験の合格者など
公式サイト https://www.jcda-careerex.org/

メンタルヘルス・マネジメント®検定

メンタルヘルス・マネジメント®検定は、社内のメンタルヘルス対策を促進させるために必要な知識や対処法を学ぶことができる民間資格です。

仕事や職場環境のストレスが原因で精神障害になった人が増加傾向にあることから、2015年にストレスチェック制度が施行されました。企業はメンタルヘルス対策に注力することが求められています。業務に役立てたい方には、「ラインケア」を学べるⅡ種がおすすめです。

試験概要 厚生労働省策定の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を参考に、メンタルヘルスケアに関する知識や対処方法が習得できる試験です。試験は、人事労務管理スタッフ・経営幹部向けのⅠ種、管理監督者向けのⅡ種、一般社員向けのⅢ種の3種類があります。
試験内容 Ⅰ種(マスターコース):職場環境の改善や相談体制の確立など、社内のメンタルヘルス対策を促進するために必要な知識を問う内容が出題されます。
※選択問題・論述問題あり
Ⅱ種(ラインケアコース):労働者への配慮、心の健康問題を持つ復職者への支援方法など、部門内のメンタルヘルス対策を促進するために必要な知識を問う内容が出題されます。
※選択問題のみ
Ⅲ種(セルフケアコース):セルフケアの重要性、ストレスの気付き方など、従業員自らメンタルヘルス対策ができるようにするために必要な知識を問う内容が出題されます。
※選択問題のみ
合格率 Ⅰ種:20.2%
Ⅱ種:65.1%
Ⅲ種:85.5%
(2018年)
受験料 Ⅰ種:11,000円
Ⅱ種:6,600円
Ⅲ種:4,400円
実施時期 年2回(3月、11月ごろ)
受験資格 制限なし
公式サイト https://www.mental-health.ne.jp/

産業カウンセラー試験

産業カウンセラー試験は、メンタルヘルス対策やキャリア開発の援助、人間関係の悩みのアドバイスを行うときに役立つ民間資格試験です。「傾聴力」を伸ばすと同時に、「心理学・メンタルヘルスの知識」を身に付けることが可能。メンタルヘルス・マネジメントⓇ検定と同様、メンタルヘルス対策が求められている現代ではニーズのある資格といえます。

産業カウンセラー試験に合格した上で、日本産業カウンセラー協会の登録会員になれば、産業カウンセラーとして活躍することが可能です。

試験概要 一般社団法人日本産業カウンセラー協会が主催する試験で、職場での人間関係の悩みやメンタルヘルスをケアする知識を身に付けることができます。
試験内容 学科試験では、産業カウンセリング概論や職場のメンタルヘルスなどに関する問題が出題されます。産業カウンセラーとしての基本態度や技法の適切な活用などを確認するために、実技試験(口述・ロールプレイング)もあります。
合格率 64.2%(2018年度)
受験料 32,400円
実施時期 年1回(1月ごろ)
受験資格 試験日に20歳に達しており、かつ協会が行う産業カウンセリングの学識と技能を修得するための講座を修了した方など
公式サイト https://www.counselor.or.jp/examination/tabid/111/Default.aspx

ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定は、人事・人材開発などの人事の仕事をこなすために必要になる知識の習得と実務能力の評価を行うことができる公的資格検定です。試験内容は、厚生労働省が定める職業能力評価基準に準拠しています。

「人事・人材開発・労務管理」「経理・財務管理」「営業・マーケティング」「生産管理」「企業法務・総務」「ロジスティクス」「経営情報システム」「経営戦略」の8分野43試験から選ぶことができます。

試験概要 ビジネス・キャリア検定試験は、職業能力開発促進法に基づいて設立された中央職業能力開発協会が行う試験です。

1~3級まで用意されているので、部門長を目指すなら1級、課長・マネージャー相当職を目指すなら2級、係長・リーダー相当職を目指すなら3級を選びます。

試験内容 人事・人材開発・労務管理分野:人事企画・雇用管理などの人事業務や、OJT計画・自己啓発支援計画などの人材開発業務、労使関係・就業管理などの労務管理に関する問題が出題されます。2・3級は選択問題式ですが、1級は論述式です。
合格率 1級人事・人材開発・労務管理:11%
2級人事・人材開発:64%
3級人事・人材開発:61%(2018年)
受験料 1級:11,000円
2級:7,700円
3級:6,200円
実施時期 年2回(10月、2月)
受験資格 制限なし
公式サイト https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/business/

日商簿記

企業のお金を記録・計算・整理し、経営成績を可視化するのが「簿記」の役割です。会計知識はもちろん、財務諸表の読み取りや経営分析に必要な知識や視点も身につきます。

3級は基礎的な内容ですが、2級は企業活動や会計実務につながるレベルとなっており、人事総務の方のスキルアップに役立ちます。1級は経営管理や分析を行うために必要なレベルで、税理士試験の受験資格にもなっています。

試験概要 企業の会計実務や財務諸表の処理、経営分析に必要な知識を習得するための試験。ビジネスの基礎知識としての受験から、会計の専門家へのステップとしての活用も可能です。

2017年からは3級よりも初歩的な内容である「簿記初級」が創設され、インターネット上で受験できるようになっています。

試験内容 1級:極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算
2級:高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)
3級:基本的な商業簿記
合格率 1級:8.5%
2級:25.4%
3級:56.1%
受験料 1級:7,850円
2級:4,720円
3級:2,850円
実施時期 年3回(6月、11月、2月)
受験資格 制限なし
公式サイト https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping

仕事の幅を広げたいなら

仕事の幅を広げたい方に向けて、「社会保険労務士試験」「衛生管理者免許試験」を紹介します。

社会保険労務士試験

社労務管理や社会保険の知識を体系的に学ぶことができる国家資格試験です。

人事・労務管理、年金・医療・雇用保険分野などで活躍できる社会保険労務士。労務管理に関わる書類作成はもちろんですが、労務管理に関する悩みの相談に応じることが可能です。

試験に合格し、社会保険労務士名簿に登録されれば社会保険労務士として働くことができます。

試験概要 社会保険労務士法に基づいて実施され、労務管理や社会保険の知識が習得できる試験です。
試験内容 労働基準法や労働安全衛生法などの労働・雇用・社会保険に関する内容が出題されます。試験は、択一式と選択式の2つです。
合格率 6.3%(2018年)
受験料 9,000円
実施時期 年1回
受験資格 大学、短期大学、専門職大学、専門職短期大学を卒業した方など
公式サイト http://www.sharosi-siken.or.jp/

衛生管理者免許試験

社員が衛生的かつ安全な環境で働けるようにするために必要な具体的な知識を習得できるのが、衛生管理者免許試験です。社員の健康管理や緊急措置なども学ぶことができるので、社員の健康を守る力を伸ばしたい方におすすめする国家資格です。

労働安全衛生法により、50人以上の社員がいる会社は衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。合格すれば衛生管理者として働くことも可能です。

試験概要 労働安全衛生法に基づいて実施され、衛生管理者の職務を遂行する上で必要な知識が問われる国家資格試験です。

衛生管理者免許試験は、一種衛生管理免許と第二種衛生管理免許があります。第一種は全業種で対応可能ですが、第二種の場合は対応できる業種が限定されます。

試験内容 第一種衛生管理者も第二種衛生管理者も、出題範囲は「労働衛生」「関係法令」「労働整理」の3分野。第一種衛生管理者の場合は有害業務に関わるものも含まれます。
合格率 第一種衛生管理者:44.2%
第二種衛生管理者:52.4%
(2018年)
受験料 6,800円
実施時期 毎月数回
受験資格 大学、短期大学を卒業した方など
公式サイト https://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm

【資格早見表】難易度ランキング付き

ここまで紹介した資格を難易度順にまとめました。取得したい資格が多く、どれにしようかと悩んでいる場合は、ぜひ判断材料にしてみてください。

難易度 資格名 合格率
易しい 衛生管理者免許試験 第二種衛生管理者:52.4%
普通 人事総務検定
普通 メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅱ種 65.1%
普通 産業カウンセラー試験 64.2%
普通 ビジネス・キャリア検定 2級人事・人材開発:64%
3級人事・人材開発:61%
普通 キャリアコンサルタント試験 60.3%
やや難しい 衛生管理者免許試験第一種 第一種衛生管理者:44.2%
やや難しい 日商簿記2級 25.4%(年度、回によって12%~45%以上の場合も)
難しい メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅰ種 20.2%
非常に難しい 社会保険労務士試験 6.3%

※難易度は合格率などをもとに総合的に判断し、設定しています。

まとめ

資格取得のために努力した時間が業務にしっかりと生きるよう、まずは目的に合う資格を選択することが大切です。取得したい資格が決まれば、あとは試験に向けて勉強するのみ。業務に追われて時間をつくるのはなかなか難しいかもしれませんが、日々の努力が自分・会社の成長につながるはずです。

監修/中森規仁

コピーライター、求人媒体の管理・運用職を経て、2011年クイックに入社。ディレクター・プランナーとして、求人広告や採用企画(採用プランニング・採用ツールのご提案)に携わっています。2018年より本メディアの編集・執筆も兼任。御用の方はこちらまで⇒nakamori-norihito@919.jp

あわせて読みたい

採用担当と現場との価値観のズレ。解消した施策とは?|採用コンサルティング事例 vol.1

採用担当と現場との価値観のズレ。解消した施策とは?|採用コンサルティング事例 vol.1

【完全解説】Indeed(インディード)とは?|仕組みから求人掲載方法、採用効果UPのコツまで

【完全解説】Indeed(インディード)とは?|仕組みから求人掲載方法、採用効果UPのコツまで

2020年採用サイトのデザイン21選。印象に残るポイント解説

2020年採用サイトのデザイン21選。印象に残るポイント解説

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

採用ブランディングって結局どういうこと? 超簡単に説明します。

採用ブランディングって結局どういうこと? 超簡単に説明します。

採用パンフレットの作り方。内容や構成、デザインのコツ

採用パンフレットの作り方。内容や構成、デザインのコツ

アルバイト・パート採用

採用管理システム比較の決定版!料金、メリット、効果は?

採用管理システム比較の決定版!料金、メリット、効果は?

採用広報のノウハウ解説!トレンド、手法、ツール選択の秘訣も

採用広報のノウハウ解説!トレンド、手法、ツール選択の秘訣も

採用コストを減らすには?有効な対策とは【新卒・中途・アルバイト】

採用コストを減らすには?有効な対策とは【新卒・中途・アルバイト】

注目記事

2019年発売の「採用本」まとめ

採用戦略

2019年発売の「採用本」まとめ

本音で語る、中小企業のためのリファラル採用戦略と実践事例。

事例紹介

本音で語る、中小企業のためのリファラル採用戦略と実践事例。

面接や説明会で、学生(求職者)を惹きつけるトークができない場合の対処法。

採用選考

面接や説明会で、学生(求職者)を惹きつけるトークができない場合の対処法。

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

採用戦略

「欲しい人材からの応募がこない」を解決する方法。

自社の魅力を「過小評価」していませんか?

採用戦略

自社の魅力を「過小評価」していませんか?